Windows10の無償アップグレード期間が残りわずか。

Windows7及びWindows8.1からWindows10への、無償アップグレードの提供期間は2016年7月28日まで。
いよいよ期限が迫ってきましたね。
この期間中に1回アップグレードをしておくと、その後元のWindowsに戻しても無料でWindows10へアップグレードできます。
気に入らなかったら、元に戻すボタンもあります。(完全に同一に戻る訳では無い)

win10-5 win10-lim

Windowsの各エディションとサポート期間は下記の通り。

製品名 延長サポート終了
Windows 10 2025年10月14日
Windows 8.1 2023年 1月10日
Windows 7 SP1 2020年 1月14日
Windows Vista SP2 2017年 4月11日

Windows7のままでも最低限のサポート(セキュリティ対応パッチなど)は2020年まで受けられますので、アップグレードせずにサポート切れたら買い替えるのも十分アリです。
やっぱりWindows10にしてみたい方はこれを機会にハードディスクをSSDへ換装してしまうのもいいでしょう。
旧環境は取り外したハードディスクに残しておけるので、やっぱ無しってことが出来ますし
動作もキビキビになってコスト以外は良いこと尽くめ!!
Windows7機の延命措置としても非常に有効ですよ。

カテゴリー: Windows, 改造 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です