OSX10.8 ソフトウェアRAID再構築時の注意

Apple OSX10.8のソフトウェアRAIDでエラーが出て外付けハードディスクを交換するときの注意点
RAID構成メンバーを新しいディスクに入れ替えるときに
降格ボタンを押したあとに新しいハードディスクを取り付け再構成ボタンを押すまでは
電源を入れたまま一気に操作するか、一度電源を切る場合はエラーの出た
旧ハードディスクはつないで電源を入れたままにしておくこと!
旧ハードディスクを外すなり電源を切ってしまうとRAIDの構成情報が読めなくなり
ディスクユーティリティ上に構成済みのRAIDが表示されなくなるので注意すること!
つなぎ直して電源をいれれば構成済みRAIDが表示されるのでそれを使って再構成できる。
焦って新規でRAIDを構成してしまうとデーター飛ぶので要注意!!

カテゴリー: Apple, Mac, OSX タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です