MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) SSD交換

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)のSSDを高速なタイプに交換しました。

換装前に入れていたのは OWC1.0TB Aura SSD 2016年当時では大容量な1TBのSSDでした
しかし、容量重視であったので若干速度は純正より遅く
Read 763MB/s Write 446MB/s のスペック。
まあ、これだけ出ていれば実用には問題ないのですが
最近SSDにしてはなんか遅いなと感じてのベンチ結果がこれ
Readはこんなものだけれど、Writeが34.2と異常に遅くなっている。


初期化してリストア後テストしても良かったのだけれど
せっかくなので、コンバート基板を使用してWindowsPC用に販売されている
高速なタイプへお値打ちに交換する事にしました。
(Mac用は本来専用品でWindows用と比べると割高になる)
注:当然メーカーが想定している使用方法ではないので自己責任で!

使うSSDは、M.2 NVMe SSDアダプターでの動作実績がある
Samsung SSD 1TB 970 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4にしました。
スペック的にRead 3,400MB/s Write 2,500MB/s になります。
MacBook Proの内蔵SSDの速度規格がRead 1,500MB/s Write 1,400MB/sなので
オーバースペックなんですけどね。
あと、この改造を行うとMacOS10.13以降でしかこのSSDからの起動が出来なくなります。

交換して、外付けSSDからMacbookPro起動後、内蔵した970EVOを初期化します。
その後、Time Machineからリカバーして無事起動を確認。
(650GB程戻したので3〜4時間かかっています。Time MachineはHDD)
で、肝心のベンチマークがこちら

Read 約1,500MB/s Write 約1,400MB/s
本来の、Retina, 13-inch, Early 2015が意図した速度が出ています。
速度低下については使わないと評価できないので、追々となりますが
起動時間など体感できるほど変わりました。

外したSSDは外付けのケースを購入して再利用しようかと検討中
その際は初期化してベンチマークを取ってみたいと思います。

カテゴリー: Mac, 改造 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です