ハードディスクが不調なので交換の準備でバックアップをとる。

デスクトップのメインPCでWebブラウズをすると一瞬固まる様になった。
同時に、本体側から”シュー  カチン”と音が!
これは、出たら不味い音です。
大体ハードディスクの状態がよろしくなくなってくると出る音なんですよ。
早速ハードディスクをチェックするソフトで確認してみましたら
見事にエラーが出ておりました。
(黄色になっている項目がヤバイ)

SMART-1

このPCは、Windows等が入るCドライブはSSDなんですが
容量の関係で、WebやWindows関係の一時ファイルを別ドライブの
内蔵ハードディスクに指定してあるので、そのディスクが不調になれば
当然色々と不調になるのです。
そう言えば、少し前にPCの起動時にディスクチェックが動作して
Chromeの開いておいたタブがみんな飛んだのでヤバイいかな?
とは思ってたんですが、音が出るようになってはもう末期。
早速バックアップをとる事にしました。

バックアップの方法ですが
Windows7のバックアップ機能もありますが遅いので
専門のソフトを使って丸ごとバックアップをとります。
(使用ソフトはAcronis True Image Home 2010)
時間は、使用量340GBをWindows7+i-7 2600k+USB3の環境で
外付け2.5インチ2TBにバックアップして1時間弱でした。

SMART2

さすがに、1時間もファンの無い外付けを動作させると
外付けハードディスク内の温度も高温になりますから
ファン付きや、何らかの方法で冷却出来た方がよいと思います。
(通常は30℃台、下のソフトで見ると54℃で20℃程度高い)

SMART3-1 外付け2.5インチ

さて、交換するハードディスクを手配しないといけませんね。

カテゴリー: PC, Windows タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です